ニュース一覧

状況を見てから依頼

メンズ

メーカーまたは業者に

給湯器の修理は、その給湯器を製造したメーカー、または機種を問わず様々な給湯器の修理に対応している専門業者に依頼することになります。このうちどちらに依頼すれば良いのかは、状況によって異なってきます。故障した給湯器が、設置してから10年未満という場合は、基本的にはメーカーに修理を依頼した方が、スムーズに直してもらえます。メーカーなら構造を熟知している上に、交換用の純正部品を有しているからです。つまり、素早く適切な修理ができるということです。しかし10年以上前に設置した古い給湯器の場合、交換用の部品の在庫が既になくなっている可能性があります。このような場合には、修理の専門業者に依頼すると、純正以外の部品を使って直してもらうことができます。業者は、型さえ合えば純正部品にこだわらずに使用します。その分新旧に関係なく、幅広い修理に対応できるのです。ただし給湯器があまりにも古い、あるいは故障している箇所が多いため、全体を交換する必要がある場合には、メーカーに依頼した方が良いと言えます。修理業者でも新品の給湯器を取り扱っていることがありますが、製造したメーカーの方が設置技術が高いことが多いのです。またメーカー保証が必ずついているので、設置後に何か不具合が生じた場合にも頼りになります。定期的な無料メンテナンスが行われることもあり、その点からも安心できます。このように給湯器の修理は、状況を考えた上で適切なところに依頼する必要があるのです。