【下肢静脈瘤の症状を解説】足の血管が目立つのは病気のサインかも

足の血管大丈夫ですか

ハートを持つ人

健康面でも問題あり

足の血管が目立つという悩みを抱えている方は、意外と多いものです。見た目的にも決して美しいものではなく、また「放っておいて、何か健康面でトラブルが起きたらどうしよう」と、不安になる方もいるでしょう。なぜ足の血管が目立つのか、初期症状の特徴や、放っておくことで起こりうる問題点についてまとめます。まずはなぜ足の血管が目立つのかという点についてですが、これは足の血流が滞っていることが原因です。心臓から遠く離れた足は、特に血流が滞りやすい部位でもあります。結果足の血管が、蜘蛛の巣のように目立つようになってしまいます。初期症状では、「足の血管が目立つ」とはいっても、その太さは直径で1ミリ以下です。しかし症状を放っておくことで、血管はどんどん太くなってしまいます。もし気になる症状をそのまま放置すると、血栓ができて命にかかわる状態になってしまうこともあるのです。足の血管が目立つのは、いわゆる下肢静脈瘤と言われる状態です。症状が初期の場合には、むくみを予防するためのサプリメントを摂取したり、定期的にマッサージを行うことで改善できるかもしれません。しかしそれだけでは追い付かない場合には、きちんとした病院で治療を受けることが必要となります。40代以上の方に多くみられる下肢静脈瘤で、「こういうものだから」と感じている方もいるかもしれませんが、気になる点があれば、一度専門医に相談してみるのもオススメです。不安を解消できるでしょう。

Copyright © 2017 【下肢静脈瘤の症状を解説】足の血管が目立つのは病気のサインかも All Rights Reserved.