【下肢静脈瘤の症状を解説】足の血管が目立つのは病気のサインかも

足の血管が目立つ病気とは

医者

下肢静脈瘤の可能性がある

足の血管が目立つ場合、下肢静脈瘤の可能性があります。動脈から出た血液は体を巡って静脈から心臓へ戻って来ますが、流れが停滞したり逆流する事で静脈の壁が膨らみ、足の血管が目立つのが下肢静脈瘤です。何故血液が停滞してしまうのかと言うと、重力の存在は無視出来ません。立っている場合、足から心臓まで血液は戻って来なければならないのですが、その為には重力に抗う必要があります。心臓から出る時は、心臓がポンプの役割を持っていますので勢いがあるので問題はあまりないです。足の脹脛がポンプの役割を持っており、血液を押し上げるのですが、心臓程の力はなく、年齢や運動不足により足の筋肉が落ちていると力不足となります。他にも血がドロドロになっている場合もスムーズな血流ではないため、足に血液が停滞してしまい静脈が膨らんで足の血管が目立つようになる訳です。足の血管が目立つ下肢静脈瘤はこのような原因ですが、治療法はあります。症状を緩やかにする、症状が軽い場合には、足に圧力をかけて血を押し上げるのをサポートする着圧ストッキングやソックスを利用すれば良いでしょう。マッサージをしたり、ずっと同じ姿勢ではなく、たまにウォーキングなどの軽い運動をするのも良いです。手術をする場合は血管を縛ることで血液の逆流を防ぐ高位結紮術、血管を引き抜いてしまうストリッピング手術、血管内手術があります。ストリッピング手術は、足の付根、膝の内側を切って静脈に細いワイヤーを入れて引き抜く手術方法です。他にも静脈の中にワイヤーを入れて、内側から熱によって焼く手術等があります。他にも静脈瘤に薬を注射をして固める硬化療法があるのですが、患者の状態によって治療法は異なるのが一般的です。

Copyright © 2017 【下肢静脈瘤の症状を解説】足の血管が目立つのは病気のサインかも All Rights Reserved.