ニュース一覧

部品代と技術料と出張費

給湯器の手入れをする人

それぞれの相場や目安

給湯器の故障の原因の多くは、部品の劣化です。そのため給湯器の修理では、部品の交換が必要不可欠です。部品は個人では入手が困難なので、修理は必然的に仕入れルートを確保している業者に依頼することになります。そして交換する以上、修理では部品代が必ずかかります。具体的な価格は部品によって異なっているのですが、配線系の部品の場合、3千円ほどが相場です。温度ヒューズなどの安全のための部品、水量調節などの水道に関する部品の場合、相場は5千〜1万円ほどとなっています。もちろん交換する個数分、部品代が発生します。そして給湯器の修理では、技術料も発生します。劣化した部品を取り外す作業にも、新しい部品を取り付ける作業にも、専門知識や専門技術が必要です。もちろん手間暇もかかるので、その料金が5千円ほどかかるのです。これもやはり、交換する部品の個数に比例することが一般的です。さらに、業者の営業所が近所という場合はともかく、車での移動が必要になるほど距離がある場合には、出張費も別途発生します。出張費の相場は3千円ほどですが、休日など業者の営業日以外に修理を依頼する場合には、5千円以上になることもあります。このように業者による給湯器の修理には、様々な費用がかかるのです。トータルすると、安くても1万円ほどはかかりますし、交換部品が多い場合は5万円以上となることも少なくありません。給湯器そのものを新品に交換した方がかえって安くつくこともあるので、事前に業者に相談した上で、修理を依頼するかどうかを決めましょう。