【下肢静脈瘤の症状を解説】足の血管が目立つのは病気のサインかも

病気の可能性があります

医療器具

足の血管が目立つ場合は、下肢静脈瘤という病気である可能性がありますが、これは40代以上の女性に多く、加齢と共に患者数が増えると言われています。また、この場合には硬化療法や手術、血管内治療など、進行の度合いによって、いろいろな治療法が行われます。

もっと見る

足の血管が目立つ病気とは

医者

足の血管が目立つのは、下肢静脈瘤になっている可能性が考えられます。下肢静脈瘤は、足の血液が停滞する事によって静脈が膨らんでいる状態です。治療法としては、血流を良くする為のマッサージや着圧ストッキングによる保存療法、他にも手術が一般的です。

もっと見る

足の血管大丈夫ですか

ハートを持つ人

足の血管が目立つのは、下肢静脈瘤と呼ばれる状態で、放っておくと血栓ができてしまうこともあります。目立つ血管が1ミリ以下の場合には、初期症状と考えられ、マッサージなどで改善できる可能性もあります。不安なことがあれば、専門医を受診すると安心です。

もっと見る

症状に合わせて治せます

脚

いくつかの方法で治せる

スカートやショートパンツをはきたくても、足の血管が目立つと躊躇してしまいます。この状態は時間をおいても良くなることはなく、適切な治療を取り入れることで改善させることができます。足の血管が目立つのは、下肢静脈瘤という病気の一つです。様々なことが原因になりますが、毎日同じ姿勢で仕事をしていたり妊娠や出産などという体への負担が下肢静脈瘤を起こしてしまいます。足の血液循環が悪くなり静脈に血液が溜まってしまうと、血液を逆流するのを予防する静脈弁が壊れて足の血管が目立つようになります。初めのうちは足がつったり、痒くなるという症状が起こります。次第に慢性的な足のだるさ家重さを感じるようになります。ほとんどの場合が緊急に治療を受けなければいけないものではありません。しかし自然と治る病気でもないため、症状を改善させ体と感じたり見た目を気にする場合には病院で治療を受けることが最適です。足の血管が目立つ病気の下肢静脈瘤は、血管外科など専門の病院で治療を受けることができます。利用方法には様々なものがあり、弾性ストッキングと言って強い圧力で足全体を圧迫して血流をサポートする保存療法から、レーザーや高周波を使うもの、手術まで多くの方法が取り扱われています。下肢静脈瘤の程度によって適切な治療が行われます。レーザーや高周波では不要な血管を焼いて体に吸収させる方法です。手術は目立つ血管を引き抜いてしまう方法です。何も体になくても影響を及ぼすことがない血管なので、なくしてしまっても健康上問題はありません。しっかりと直したい場合には専門の病院で診察を受け治療を行うことができます。

Copyright © 2017 【下肢静脈瘤の症状を解説】足の血管が目立つのは病気のサインかも All Rights Reserved.