給湯器の手入れをする人

部品代と技術料と出張費

給湯器の修理では、部品代と技術料、出張費とがかかります。部品代は種類や個数にもよるのですが、配線系の場合で3千円、安全装置や水道系の部品の場合で5千〜1万円です。そして技術料は5千円、出張費は3千円が相場です。トータルすると、給湯器を新品にするよりも高くなることがあるので、事前の確認が大事です。

給湯器

業者依頼の必要性

給湯器が故障した場合、業者に修理してもらう必要がある。これらの作業では専門技術や資格が必要となるため、業者利用が必須になっている。業者によっては、出張費用など値段設定が変わるため、これらを比較すると安く利用できる。

男性

日頃から不具合をチェック

高性能な給湯器が故障した場合には、専門業者に修理を任せる必要があります。直さずに使っていると、トラブルが大きくなる可能性もあります。もちろん修理依頼では、故障の内容をしっかりと伝えることが大事です。また修理後の保証期間のある業者に依頼すると、再度の故障の際に安く直してもらうことができます。

ニュース一覧

メンズ

状況を見てから依頼

給湯器の修理は、比較的新しい機種の場合はメーカーに依頼しましょう。純正の部品を使って的確に直してもらえるからです。古い給湯器の場合は、修理の専門業者に依頼します。純正部品の在庫がなくても、型の合う違う部品で直してもらえるのです。全体を交換する場合は、メーカーに依頼した方がサポートもあるため便利です。

ウーマン

業者に連絡する

給湯器は壊れてしまうこともあるので、修理業者を把握しておきましょう。通常、給湯器を購入したお店経由で修理業者を選択することになります。また、精密機器でもあるので、勝手に素人が分解しないように気をつけましょう。

信用できる業者選び

作業員

安さには要注意です

給湯器が故障すると普段当たり前にできていたことが出来なくなってしまいます。ただお湯が出なくなるというだけでこんなにもいろんなことが難しくなるのかと気付くことでしょう。普段の生活にできるだけ早く戻ることができるように給湯器を修理するにしても交換するにしても知っておいた方が良いことがあります。給湯器がもし故障してしまった場合、まずマンションの管理会社か工務店などに連絡をしてしまう ことが多いのではないでしょうか。その場合気をつけて欲しいのが管理会社などの依頼を受けた「メーカーとは別の下請け業者」が来ることがあります。給湯器を扱うには専用の資格があります。メーカーから派遣されてくる修理担当業者はもちろん資格を持っていて十分な知識と技術があり、まず間違いなくしっかりとした仕事をしてくれます。ですがそうでない業者は資格を持っていなかったり持っていたとしても情報量が不十分であったり古い情報を持っているだけの場合があります。メーカーよりも安く修理するという業者にはそういう業者もいるので十分に気をつけましょう。中にはメーカーの担当者と同じぐらいの技術や知識を持っている人もいるかもしれませんが本当の専門家でない人たちの中にいるそういう人たちと 出会うことができるのかは疑問です。メーカーの担当者とそうでない人たちとの間の決定的な違いがあります。給湯器に使われているメーカー製造のオリジナルの部品はメーカーの人間にしか扱えません。一般の市場に出回らない専用の部品があったりします。修理か交換かわからなくてもやはり本物のプロに任せるのが一番です。